この記事は、エンジニアの登壇を応援する会 Advent Calendar 2018の22日目の記事です。
was updated last. a month ago
[ポエム] 私の成長と周りの成長

この記事は、エンジニアの登壇を応援する会 Advent Calendar 2018の22日目の記事です。

昨日はてぃーびーさんの記事でした!お疲れ様でした!

今年は仕事でもプライベートでも変化に溢れた年でした。
きっと#engineers_ltで関わっている皆さんも同じ気持ちの人がいるような気がします。

何に苦しんでいたのか

アウトプットって何?登壇こわい、記事書くのこわい
やってみたけど、誰も見てなくない?
うわっ・・私の技術力、低すぎ・・?
アウトプットする為の何かに苦しんでない?本当にしたいのは何?


[PR]アウトプットしたいけどできない!
そんなお悩みを持っているあなたにオススメのslackはコチラ

人との出会い

始まりは某勉強会で@ariakiさんに出会ったのが全ての始まりだったと思います。

本当にたまたま、エレベーターで一緒になって、名刺交換して、@ariakiさんの社内勉強会に招いてもらって、
そこからアウトプットの機会をたくさん貰って、コミュニティが結成されて、、

今考えたらまあまあの奇跡ですね、あの出会いがなければ、今の自分は無かったはずです。

もちろんコミュニティの内外問わず、沢山の出会いがありました。
そこに共通している事は、『アウトプットを通して成長する事』だったと思っています。

皆がお互いに刺激しあって、たまに失敗して挫けそうな時もあるけど、助けてもらったり逆に助けたり。
色んな人とワイワイして、人と関わるのって楽しい!って思いませんか?
それは何故でしょうか?

私は本業では、それに近いビジョンを組織で掲げて活動をしています。
なので出会いは捨てるものではなく、全てに価値が出せるものだと思っているのです。

それはどんな形の出会い、関わり方でも同じです。


[PR]そんな出会いが欲しい!
あなたにオススメのslackはコチラ

コミュニティの結成

エンジニアの登壇を応援する会、名前なげー!
でも目的が伝わりやすくて良い名前のコミュニティだと思います。

きっと皆が思っていた以上に人が増えて、規模が大きくなって、めっちゃ嬉しいけど少し寂しいような気持ちもあったりします。
でもそれだけ多くの人に関わってもらえている、そんなコミュニティはきっと今も今後も価値を出し続けて行けるのだろうと思っています。

(運営にうまく関われない時期も多くて、運営の皆さんには本当に感謝しています
来年は個人の軸をさらに強めてコミュニティに向けられる時間を増やせたらいいな!)


[PR]コミュニティに関わりたい!
そんな熱い想いを持っているあなたにオススメのslackはコチラ

来年に向けて

今年は変化の年だったから、来年は・・?
違う何かを考えていたのですが、やっぱり同じ事だと思いました。

私にとっての変化とは成長だと思ったからです。

なので来年は今年よりも変化の年にしたい!
仕事もプライベートも全部、新しいことを常に考えていこう。


[PR]来年は成長したい!
そんな目標を持っているあなたにオススメのslackはコチラ

最後に具体的なこと

  • 来年はカンファレンスでの登壇、執筆、新しいアウトプット
  • 新しい技術に関わる、きっと機械学習やアーキテクチャ関連だと思う
  • 組織・チーム形成を思い描いて形にする、本業もそうだし、コミュニティも


[PR]そんな(ry
コチラ

明日は@higuyumeさんの記事です!
楽しみですね!