秋葉原にて開催されたBram氏来日回のVimConf2018に参加してきました
was updated last. 2 months ago
VimConf2018に行ってきました

去った11月24日(土)に、VimConf2018に参加してきました。
場所は去年と同じ、「富士ソフト アキバホール」です。


VimConfとは

VimConfとは、Vimエディタに関する国際カンファレンスである。主催はVimの日本コミュニティであるvim-jpの有志による。 VimConf - ウィキペディアより引用

ちゃんとWikipediaに載っているの、凄い!

初めてスポンサーになった

企業スポンサー、及び個人スポンサーになりました。
Vimの作者(Bram氏)が初めて登壇してくれた歴史的な回にスポンサーとして名前を残せたのは、本当に良かったと思います。

本当はスタッフとかCfPもやってみたかったけど、色んな事が忙しくて手を挙げられなかった><
来年は積極的に貢献できるよう、日頃からどんどんアウトプットしていこうと思いますまる

セッションについて

さて本題ですが、
個人的に気になった、面白かったセッションについて書きます。
本当は全てのセッションの感想を纏めたかったのですが、
内容が難しかったり、メモを取り忘れたりしたので、一部分のみになります。

当日のセッション動画は後日アップロードされるようなので、お楽しみに。
各発表のスライドはココに纏められています、感謝

1. Keynote - What is the next feature?

mattn氏による発表。
vim-jpの活動内容について触れていました。
バグ報告やパッチ職人の存在と、本家へのバグ報告やパッチを送る際のレビューや英文の手助けができるとの事でした。

そしてこれまでのvim-jpの本体の新機能への貢献の話もあり、とても興味深かったです。

特に一番興味を惹かれたのはVimのsixel対応の話でした。
これはDRCS(これがイマイチ理解不足)によるSixelと呼ばれる機能をVimで使えるようにする話だと考えています。

個人的にターミナルから外に出たくない引きこもり体質なので、
今以上にVimから外に出なくてよくなる面で可能性を感じてしまいました。

2. Keynote - Vim: From hjkl to a platform for plugins

Bram氏による発表。
Vimの開発が始まってそこに含まれている機能を振り返りながら、
新しい機能を盛り込んでいく為のアプローチ方法やBram氏の考え方を知ることができました。

これから欲しいとされている機能について

  • Popup window
    • 通知に使用できる
    • Show hint/messages and pick an item
  • Text properties
    • Attach properties to a text region
    • can define property with:
    • unique ID
    • property type
    • テキストプロパティを使って、構文の強調表示ができる

プラグインを使っていくためのプラットフォームVimとして、
高速化の話(高性能なPCを買えば解決!)に重きがあり、プラグイン作らなきゃ!と思わせてくれる発表でした。

3. Modes

ujm氏による発表。
https://github.com/vim/vim/blob/master/runtime/pack/dist/opt/termdebug/plugin/termdebug.vim

termdebug.vimを使った本体のデバッグがライブデモされるアツい発表でした。
Vimの本体は個人的にも馴染みが薄くとっつきにくい分野でもあるので、
こういったツールが充実して本体を見てみるキッカケになりそうなのはとても有り難かったです。

4. Effective Modern Vim scripting

Alisue氏による発表。
去年もとても印象に残っている方でとにかくスライドが見やすく、発表も聞き取りやすくて良かったです。

発表で実装されていたプラグインはコチラ

基本的なプラグインの作り方に始まり、ユーザー操作をブロックしない非同期での実行についてまでとてもわかりやすかったです。
vital-Whiskyについては確かMeguro.vimで聞き覚えがあったので、見てみなくては。

まとめ

お弁当がめっちゃ美味しくてビビりました

去年に引き続き2度目の参加でしたが、今年もVim熱を引き出してくれる発表ばかりで楽しかったです!
来年はCfPの応募とスタッフでの貢献、そして引き続きスポンサーでの貢献ができるように頑張ろう。